『千段』

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




お気に召して頂けましたらクリックお願い致します!
web拍手ボタン ランキングバナー

*Edit CO(-) 

詩色々


『こことそこをむすぶもの』 (詩)

2008.10.14  *Edit 

10/1,000


「どうしてもっと早く教えてくれなかったの?」と尋いたら

貴方は「ごめん」と俯いた。

違う、責めたかったわけじゃなくて

ただ、悲しかっただけ、頼りにならない私が。



ああ、どうしてこんなふうに、

言葉はいつも心から離れていく。

そして肝腎なときに私の気持ちを伝えない。

遠く対岸の貴方に、

つたない紙飛行機をいくつもいくつも飛ばすように

私は言葉を必死に繋ぐけど、

貴方にはそれは乱暴にぶつかる紙の礫(つぶて)でしかないのだろうか。




神様。

それでも私はこの紙飛行機を折り止めることが出来なくて。

この言葉を届けることを止めたら、

貴方と私をつなぐものは何一つなくなってしまうから。



神様。

こんな私は、ただの自分勝手な人間なのだろうか。









ただ貴方を好きで貴方と繋がっていたいだけなのに。






*

*

*


あそう、としか言いようのない詩ですね(笑)
この人はきっと私だと思います(笑)



お気に召して頂けましたらクリックお願い致します!
web拍手ボタン ランキングバナー

*Edit CO(0) Tag List  [ 自作詩 ] 

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。