『千段』

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




お気に召して頂けましたらクリックお願い致します!
web拍手ボタン ランキングバナー

*Edit CO(-) 

詩色々


『匙一杯』 (詩)

2009.12.09  *Edit 


1/1,000



ひとさじ。

たとえば、
ほんの、ひとさじの、おさとうを、
海に溶かしたとして、
塩辛い水は、ちっとも、甘くはならないだろう。



たとえば、
ほんの、ひとさじの、雨水を、
砂漠に落としたとして、
乾ききった砂は、ちっとも、潤いなどしないだろう。


ちっぽけなひとさじは、
広大な世界に対して、
「なにもない」に等しい。

だから、
貴方がそのひとさじに山盛りに掬い上げた情熱を、
繰り返し注ぎ続けるその行為は、
限りなく無意味だ。


でも、
意味がなければならないのか?
「意味」なんてものさえ、
所詮、誰かが作った匙の名に過ぎないのかもしれないのに。


この手には、ただひとつの匙。
この、ひとさじを、投じても、投じなくても、
世界は大して変わりはしないだろう。
けれども、
渇くことを知らない貴方の涙に、
甘い優しさを溶かしたいと思ったら、
私の持ち物は、この手の匙より他にないのだ。


ただ、ひとさじ。
それだけでは、何も変わらないのだとしても。










*

*

*


お久しぶりでございます、masayonです。
ほぼ一年ぶりの更新です。
また、ここから、一歩、です。



お気に召して頂けましたらクリックお願い致します!
web拍手ボタン ランキングバナー

*Edit CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。