『千段』

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




お気に召して頂けましたらクリックお願い致します!
web拍手ボタン ランキングバナー

*Edit CO(-) 

詩色々


『おはなしにならない』(詩)

2009.12.14  *Edit 


2/1,000


貴方が、不用意に落としてこぼした、
嘘や言い訳やごまかしのカケラをひろいあつめて、
ジグソーパズルのように、夜な夜な組み立てたわ。

ええ、それは、
鬼気迫る情熱でもって。

そこに色々こぼれてちらかってることが、
私には我慢ならなかったのだし、
断片的な何かはもっと嫌だった。

こじつけの、勝手な思い込みの絵でいい。
完成させなくてはならなかった。

鬼の首をとったみたいに貴方にそれを突きつけたのは、
終わりにしたかったからじゃない。
後悔してほしかったから。
ああ、しまった、俺はこんなものをこぼしていたのかと、
過去を悔いてほしかったから。
己の迂闊さを呪って、
私の聡さに慄いてほしかった。
つまり私は、嫌がらせをしたかっただけなのかもしれない。


なのに、貴方は。
愉しげに笑ったのだ。
凄いね、よくそんなもの拵えたね、と。
私の欲しい言葉なんてひとつもくれないで、
自分ばかり愉快な気持ちになって。



ああ。
私が永久に正しいのだとしても、
落ち度はいつでも貴方にあるのだとしても、
それでも、こうして、

私はどうしたって貴方にかなわないのだ。








お気に召して頂けましたらクリックお願い致します!
web拍手ボタン ランキングバナー

*Edit CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。