『千段』

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




お気に召して頂けましたらクリックお願い致します!
web拍手ボタン ランキングバナー

*Edit CO(-) 

詩色々


『風が吹いている』(詩)

2010.02.09  *Edit 


3/1,000


風は、大気のことば。


春一番があたたかさを、
木枯らしが寒さを運んでくるのは、
挨拶代わりのお手紙。
いかがですか?
お変わりないですか?
今年もまた、参りましたよ。

雨雲を連れて来ては光を奪い、
雲の切れ間を作っては太陽を迎える。
桜を散らせ、たんぽぽの綿毛を飛ばし、
凧を揚げ、植木鉢を倒す。

遥か高み、銭湯の煙突の煙をたなびかせる、風、
あれは、大気のことば。
おしゃべりしたがってるんだ、わたしたちと。




***

『風が強く吹いている』という小説を読了致しましたらば、
物凄く落ち込んでしまってさっぱり何も書く気にならず、
(↑私は面白い小説を読むと物凄く落ち込みます)
やっつけ仕事でひねりだしたらばこんな詩になりました(笑)
内容だけでもなんだか意味不明ですが、
タイトルがあたかも小説のパクリのようになってしまって、
自分でもますます「なんだこりゃ」です(笑)



お気に召して頂けましたらクリックお願い致します!
web拍手ボタン ランキングバナー

*Edit CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。