『千段』

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




お気に召して頂けましたらクリックお願い致します!
web拍手ボタン ランキングバナー

*Edit CO(-) 

詩色々


『冬空』(詩)

2010.02.15  *Edit 


2/1,000

きいんと寒い夜のむこう、
星たちがきらきらと凍っている
冷えれば冷えるほどに輝きを増す彼らは、
まるで冷酷な貴方のようだ

その心が残酷になればなるほどに
なんて、貴方の怜悧な横顔は美しい
それは、貴方がこの世界に絶望しているから
そして、それでも孤独に立ち続けているから


何にも望みを抱かない
何をも愛さない、
貴方が私に冷徹であるのは、
それがどんな意図であったとしても
結果としては紛うかたなき優しさとして
私の恋を打ち砕く


そうして私も、
結局のところ、
貴方が振り向くことなど望んではいないのだ

ただそうして、
どんな過酷な絶望に晒されても
立ち続ける貴方が、
この先どうか誰も愛することのないようにと
それだけを願う



いっそう寒さを増すほどに
星たちは輝きを増す




お気に召して頂けましたらクリックお願い致します!
web拍手ボタン ランキングバナー

*Edit CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。