『千段』

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




お気に召して頂けましたらクリックお願い致します!
web拍手ボタン ランキングバナー

*Edit CO(-) 

詩色々


『星の髪飾り』(詩)

2011.03.24  *Edit 


7/1,000

きらきら、星の髪飾り、貴方にあげよ。


見上げた夜の藍の青から、
きらきら、星が落ちてくるから、
さらさら、貴方の黒髪に、
散りばめ、星の髪飾り。

夜はささやく、
宵はうたう、
貴方が恋しい、恋しいと。

僕は呟く、
僕は思う、
貴方がいとしい、いとしいと。

そうして星は、きらきら祈る、
貴方にさいわいあれかしと。


遠くに居ても、近くに居ても、おなじ。
見つめ合っても、思うだけでも、おなじ。
きらきら、きらきら、祈りのひかり。
大事な大事な貴方のために。


きらきら、星が落ちてくる夜に、
さらさら、貴方の黒髪に、
きらきら、星の髪飾り、貴方にあげよ。










お気に召して頂けましたらクリックお願い致します!
web拍手ボタン ランキングバナー

*Edit CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。