『千段』

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




お気に召して頂けましたらクリックお願い致します!
web拍手ボタン ランキングバナー

*Edit CO(-) 

詩色々


『Homebound』(詩)

2013.06.25  *Edit 

2/1,000


いつもの
タイルの歩道から、狭い路地を横切って
街灯が僕や木々や建物の影を落とす
シマシマの横断歩道
光はどこに

闇にあかるい窓が並んで流れる電車
とおるたびの轟音、高架下
タクシーはテールランプをつらねる
喫煙所からはニコチンが空気に拡散する
光はどこに

誰にも優しくされなくても働く自動改札
黄色く灯るのは構内の道しるべの看板
のぼりくだりの人々は無心に石の階段を見つめ
何十段、おわりに長々と寝そべるプラットホーム
光はどこに

夜は窓にいろんなものを映すから
僕は無口になって止まっているというのに
ただ乗っているだけでどこかに動いてゆく
星なのか月なのか遠くの家並みなのか後ろへ飛び去る
光はどこに

間引きされるように吐き出される乗客を
毎日笑顔で迎えるのは煤けた駅舎の壁と柱
ウェルカム・ホーム! 上機嫌のポスター群
コンビニの蛍光灯は混じり気もなく純白
光はどこに

誘蛾灯にさそわれて夜の虫
ふらりふらりと酔客
スーツでタクシーを待ちぼうけの背中
交番も居酒屋も風俗店も牛丼屋も看板を煌々と


何もかもとてもよく見える
いろんなものが世界にあるけれど
光が
光がなくちゃ
僕の行く先を教えてくれなくちゃ
いつまで経っても家に辿り着けやしない


光は、いったい全体、どこに

光は、
光はどこに



お気に召して頂けましたらクリックお願い致します!
web拍手ボタン ランキングバナー

*Edit CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。